看護師の初任給は安い?高い?

初任給が安くてがっかり

看護師のお給料って、一般企業に勤めるOLさんより高いというイメージがありませんか?私も看護学生時代は、そう思っていました。看護師の平均年収などのデータを見ると、確かに看護師のお給料って高めに設定されているんです。

 

でも看護大学を卒業して、新卒で大学病院に入り、最初のお給料を貰った時には、予想よりもお給料が低くてビックリしました。基本給から税金や保険などを引かれた手取り額は17万円くらいだった記憶があります。

 

一人暮らしをしながら、このくらいのお給料じゃ節約しないとやっていけないとショックを受けました。特に最初のお給料で、「両親にプレゼントを買って、欲しかったものを買って」なんて思っていたので、「生活するだけで精一杯!」という金額にガッカリどころではありませんでした。

 

夜勤手当・残業手当で給料アップ

手当で看護師の給料は上がる

確かに看護師のお給料は、一般企業のOLよりも高いと思いますが、それは夜勤手当などの各種手当があるからなんです。基本給は、全然高くありません。おそらく新卒看護師と一般企業の新卒社員の基本給はほとんど変わらないでしょう。

 

夜勤手当は2交代制だと1回の夜勤で1万円前後になる病院が多いので、月に5回夜勤をすると約5万円になります。そして、看護師は残業の多い職業です。特に急性期病棟に勤めていると、日勤後の残業は当たり前のことが多く、残業手当も大きな収入源となります。急性期病棟で働く看護師さんの残業手当は月3〜4万円になることも珍しくありません。夜勤手当と残業手当だけで8〜9万円にもなるんです。これって、かなりの額ですよね。
ちなみに、看護師の給料には様々な手当があって、夜勤手当や残業手当のほかに、資格手当や皆勤手当、職務手当、年末手当など様々な手当がつく場合もあります。

 

新卒の新人看護師から一人前の看護師の給料へ

新卒の看護師の場合、最初の1〜2ヶ月は研修が多く、まだまだ見習い期間です。そのため、夜勤にも入りませんし、残業もしないことが多いんです。だから、お給料はほぼ基本給のみだったんですね。今考えてみると、手当がないからお給料が低いのは当然と思えるんですが、当時は初給料に夢が膨らんでいましたから、ショックも大きかったんです。
一人前の看護師になり、夜勤や残業をするようになってからは、学生時代に思い描いていたくらいのお給料をもらえるようになったので、ホッとしたのを覚えています。

 

それでも安い?看護師の基本給

私の場合は、一応看護大学卒で、東京の大学病院勤務だったので、新卒看護師の中でも基本給は高かったはずです。それでも初任給の手取りは20万円に届きませんでした。いくら夜勤手当や残業手当がたくさん貰えるからといっても、看護師の基本給は仕事内容に比べて、低いのではないかと思います。

 

なぜなら、クリニックや外来、介護施設など夜勤もなく残業も少ない職場の看護師は、お給料はほぼ基本給のみなんです。国家資格であり、人の命や健康を扱う責任ある職業である看護師も、一般より高いお給料を貰うには、夜勤や残業などハードな仕事をしないといけないのですね。