お給料が高いのは、どんな職場?

給料の高い職場はどこでしょうか?

看護師の職場は、病院やクリニック、介護施設、一般企業など様々な場所がありますが、お給料が良い職場はどこでしょう。せっかく働くなら、お給料は多いほうが良いですよね。お給料は労働の対価ですし、働く上でのモチベーションになるものですから。

 

総合病院・大学病院・美容整形外科

平均給料の高い職場は、大きな総合病院や大学病院、美容整形などの保険外の診療を行っているクリニックです。大病院は、基本給や各種手当も高めに設定されていたり、福利厚生が整っているところが多いんです。そして大病院の中では、私立の病院よりも国立や公立病院のほうがお給料が高い傾向にあります。

 

また美容整形外科などの自由診療を行っているところは、当然看護師のお給料も高めです。夜勤や残業もほとんどなく、仕事内容もそれほどハードではありませんが、サービス業としての厳しい接遇やコミュニケーションスキルが重要視される職場になっています。

 

意外な高給!訪問看護師

そして、訪問看護師もお給料が高い場合が多いんです。訪問看護は、患者さんの自宅に訪問し、在宅での療養生活を援助し看護を提供しますが、高い判断力と看護技術、看護知識が必要となる職場です。また高いコミュニケーションスキルも求められます。夜勤はないのですが、移動が多く、受け持つ患者さんも多いため、かなりハードな仕事と言えます。訪問看護師の給料体系は、一般の看護師のように年俸制のところもあれば、受け持つ患者さんの数による歩合制のところもあります。どちらの給料体系であっても、一般の病院に勤める看護師よりも給料は高い傾向にあります。訪問看護師に必要とされるスキルを考えれば、当然と言えるかもしれません。

 

給料の安い職場は?

逆にお給料が少ない職場には、介護施設やクリニックなどが挙げられます。介護施設の中でも高級有料老人ホームは、お給料が高いのですが、一般的な老健や特別養護老人ホームなどは、お給料が少なめです。介護施設は、職場ものんびりとしている所もが多く、医療行為が少ないなど仕事内容も比較的楽なところが多いので、お給料も安めに設定されています。

 

そして、クリニックは夜勤がなく日勤のみの勤務なので、夜勤手当がつかないので、お給料も当然低くなっています。特に個人経営の小さなクリニックは、お給料が低く、一般企業に勤めるOLよりも低いこともあります。

 

高給以外にも転職・就職のポイントがあります

お給料が高い職場は、ハードな仕事だったり、高いスキルを求められたりする場合が多く、逆にお給料が低めの職場は、体力的に楽である場合が多いようです。高いお給料を求めるか、仕事内容がきつくなく働きやすさを求めるか、自分の希望する診療科や分野で働くことを求めるかは、人それぞれです。この3つを全てかなえることができる職場は、ほぼありません。転職する場合には、どれを一番に求めるかを良く考えて転職活動をしましょう。