最終学歴と給料|看護師の給料アップに学歴は必要か

看護師になる道

看護師は国家資格であり、看護師になるには所定の教育を受けて国家試験に合格しなければなりません。不景気で就職難の時代でも需要が大きく、注目されている看護師ですが、看護師になるには、どのようなコースがあるか知っていますか?

 

看護師への道は、大きく4つに分けることができます。1つ目が、中学卒業後に高校の衛生看護科などに入学し、准看護師の資格取得後さらに2年間の教育を受けるコース、2つ目が高校卒業後に看護専門学校で3年間勉強するコース、3つ目が高校卒業後に看護の短期大学で3年間勉強するコース、4つ目が高校卒業後に看護大学や総合大学の看護科で4年間勉強するコースです。

 

それぞれ専門学校卒、短大卒、大卒と分類されています。同じ国家資格でありながら、資格取得前の学歴に3種類ある看護師ですが、この学歴の違いは給料に反映されているのでしょうか。

 

最終学歴による初任給の違い

新卒で就職した場合、専門学校卒・短大卒の看護師と大卒の看護師では、初任給で1万5千円〜2万円程度差が出てきます。同じ資格を持ち、同じ仕事内容でありながら、お給料に差が出るのは少し変と思うかもしれませんが、専門学校や短大は3年間の教育であるのに対し、大学は4年間の教育を受けるわけですから、この差は当然と言えるかもしれません。具体的な金額としては、新卒の平均初任給は専門学校・短大卒で約18万円、大卒で約20万円というデータがあります。

 

基本給で1万5千円違う場合、1年間でボーナスも合わせると25〜30万円の差になります。これは、結構大きな差かもしれませんね。ですが、昇給は学歴に関係なく一律の病院がほどんどですので、就職後に経験年数が増えたからといってお給料差が広がっていくことはありません。

 

転職における学歴と給料

また転職する際は、あまり学歴による給料差はありません。転職では、学歴よりもそれまでの臨床経験を重要視され、どのような診療科でどのような看護経験をしてきたかが大切になってきます。そのため、転職後のお給料には、それまでの経験年数とスキルを考慮したものが反映されるんです。

 

大学進学のメリットとは?

では、看護師になるために大学に行くのは、ほとんど意味が無いのか?という疑問もあるかもしれませんが、看護技術や知識だけでなく「看護学」を学ぶことができ、看護をする上で系統的に考える基礎を作りますので、就職してから役立つことが多いはずです。そして、多くの看護大学では保健師や助産師の資格も取得できる教育課程になっていますので、将来看護師からのキャリアアップを考えている人は、看護大学で学んだほうが良いでしょう。