看護師の給料アップ大作戦

看護師が給料をアップさせるには?

一般に高給取りと思われている看護師ですが、実情は外から見るのとはだいぶ違うようです。
看護師の給料の多くは、夜勤手当や残業手当など基本給以外から構成されていて、基本給が高いとは決して言えない状況です。
医療の専門職として、患者さんの命や健康を預かり、日々非常に厳しい労働条件の下、働いている対価としては、むしろ「安い」と言えるでしょう。
しかしながら、一方で、高齢化や看護制度の改善によって常に看護師が不足しているという、まさに「売り手市場」でもあり、厳しい社会状況にあっても就職や転職が楽であるという大きなアドバンテージもあります。
慢性的に看護師が不足して、何とかして看護師を確保したい医療機関ではかなりの厚遇で看護師を求人していることもあり、自分の希望に添った求人が見つかれば、大きく収入アップにつなげることも可能です。当サイトでは、いかに看護師が給料を上げるかという点について、いくつかのポイントから見てみたいと思います。

給料アップ大作戦

非常勤で働くと言う選択肢も大きいと思います。

非常勤は自分の都合の良い時間帯や曜日などを選んで働くことが出来る上に、給料も月のトータルとして常勤に劣らない程度得ることが出来ます。最近では福利厚生面でも常勤と同じくらいの待遇をしてくれる医療機関も増えてさらに働きやすくなっています。資格やキャリアアップの勉強のため時間が欲しい方、家庭や育児、子育て、介護などと上手に両立したい方、厳しい労働条件が嫌な方、自由な働き方、自分らしいライフスタイルを生きたい方など、様々な人に好待遇で応えられる非常勤は大きな魅力ですね。

非常勤で働く看護師について>>

 

一般社会では、学歴が高いと給料が高い傾向がありますが、看護師の世界ではどうでしょうか。

確かに、新卒での初任給の段階で違いがあります。しかし、看護師の場合、転職する際には主に看護経験や臨床経験、またスキルを重視されることが多く、学歴はほとんど考慮されません。それでは、学歴は意味がないのでしょうか?もちろんそんなことはありません。例えば大学では看護学を学びますが、これは看護というものを系統的に考える基礎的な手段となり、どのような看護師になろうとも先々あなたをサポートしてくれるでしょう。また、大学進学によって得られるメリットも多くあります。

学歴と看護師の給料について>>

 

かつて看護師は女性の仕事と考えられていました。看護師と言う呼称の前は「看護婦」と呼ばれていたのもその証左です。

しかし、現在、多くの男性看護師が看護の現場で活躍しています。主に、精神科や救命救急センターなど力仕事が要求される職場であったり、入院生活が長引いている子供達の心の父親的な存在として小児科などで重宝されていますが、今後はさらに活躍の場は広がっていくでしょう。また男性看護師という仕事は、不況に左右されずに高給を得られ、就職・転職に有利な超安定職としても人気はますます高まると思われます。

男性看護師の将来性、待遇について>>

 

看護師の資格には2種類あります。

1つは正看護師で、もう1つは准看護師です。戦後の看護師不足の時代に作られた制度にもかかわらず、今でも続いています。看護師の専門知識や技術等の向上が求められる中、制度の改革も叫ばれ始めて長くなりましたが、医師会等の反対で未だに未解決となっています。正看護師と准看護師ではどのくらいの待遇の差があるのでしょうか。

正看護師と准看護師の待遇の差について>>

 

看護師は転職する人や回数が多いという点に特徴があります。

これは、好景気、不景気にかかわらず、常に看護師は不足しており安定した多くの求人があって転職しやすいことと、看護師の取り合いになっている現状でよりよい待遇で迎える医療機関等が多く存在することに主な原因があります。他にも「人間関係をリセットしたい」とか「興味のある診療科の仕事に就きたい!」など転職にも様々な動機があります。しかし、こうした背景によって、もっとも大きな転職の動機が給料のアップを目的としたものとなっています。また、その他の理由で転職することになった場合でも、さらに良い待遇の職場に仕事を得ることも出来るのが看護師の有利な点でしょう。

看護師の転職と給料アップについて>>


ホーム RSS購読 サイトマップ